葬儀の準備のタイミングは?日程は千葉の葬儀社にお任せも?

逝去や葬儀の予感はあっても、その日は突然やってくるものです。

▽check!自分が喪主を務めることも?⇒http://eguia.biz/

誠実で予算にあった葬儀社を見つけることが何より重要となります。

■日程や運びはザックリ把握。

あとは葬儀社に。

葬儀は非日常的なことであり、日程やスケジュールなど、どのタイミングで何をすべきかを知っている人はほとんどいません。

基本的には逝去の後、お通夜を行い、翌日には慌ただしく葬儀・告別式、火葬というスケジュールになります。

火葬を終えて故人の遺骨を納めたら、初七日の法要までを行なうのが現代の葬儀日程となります。

ただしその日程や運びを把握していても、遺族側ですべてを取り仕切るのは無理があります。

逝去した段階で早めに葬儀社を手配し、基本的には葬儀社に一任しましょう。

■日程よりも細かな要望を伝えきることが重要。

葬儀社をうまく手配できたら、自宅などの指定場所に打ち合わせに来てくれます。

いつ、どのようなスタイルの葬儀を行ないたいか、千葉県在住であれば、どこの沿線にある葬儀場が最適かなどの要望を伝えます。

沿線で選ぶほか、千葉県のその葬儀社が運営している会館の規模や仕様・設備などを基準に選ぶやり方もあります。

大枠が決まったら見積書の提出を依頼しましょう。

■葬儀は、日程を把握することよりも、“葬儀社に希望する日程や内容・スタイルを伝えること”のほうが大事。

葬儀は突然の出来事となります。

千葉在住なら地元千葉の葬儀社を呼び、希望する日程や内容、葬儀のスタイルなどを伝え切ることが何より大事です。

遠方からの会葬者が多い場合は、仮眠できる親族室のある会館を選ぶこと。

わかりやすい沿線で最寄り駅に近い葬儀場を選びます。