プラチナの結婚指輪

カップルが結婚式で二人の結婚の誓いとして交換するのが結婚指輪ですが、素材もデザインも値段も多種多様です。

結婚指輪は、結婚の証として肌身離さずに身に着ける必要があるので、強度や実用性なども考慮する必要があり、指輪の素材についてもよく考える必要があります。

★Check!=>期待の結婚指輪情報通信

●人気はプラチナ

結婚指輪の素材では、プラチナやゴールドまたはホワイトゴールドが有名ですが、末永く身に付けることや、歳を取ってからも身につけられるようにプラチナを選ぶ人は少なくありません。

プラチナが放つ光は重厚感があるので、上品な感じで指と着ている服にも合います。

プラチナは耐熱性があることも有名で、燃え盛る炎の中に入れても溶けることは無いので、二人の永遠の愛を誓うのに絶好の素材となっています。

●プラチナは強い金属

昔は、プラチナの指輪は柔らかくて傷つきやすく、指に付けたまま重い買い物袋を持っただけで形が変形すると言われていました。

純プラチナの結婚指輪であれば柔らかいので、形が変わりやすいですが、最近では改良されていて、プラチナに他の金属を加えることで結婚指輪を硬くしています。

結婚して何年か経ってから、多少のキズは付いても、落ち着いた光を放つプラチナは夫婦の結婚の時間を感じさせます。

●プラチナの結婚指輪と意味

プラチナは変化しにくいことが有名で、酸化や硫化で結婚指輪の色が変わることが無いので安定した金属です。

それで、永遠に変わらないプラチナの白さは、永遠に一緒にいるカップルの愛を表すのに最適です。