自分で作る結婚指輪

結婚指輪は一生に一度の記念に残るものなので、他にはないようなデザインにしたいと思うカップもいるようで、最近では自分で作る結婚指輪も人気があります。

では、自分で作る結婚指輪にはどんなメリットがあるのでしょうか?

●表面を加工しやすい

出来上がっている結婚指輪を店頭で購入してからオプションで表面の加工を申し込むと高い別途料金が取られますが、自分で作る場合には比較的簡単にできます。

例えば、指輪の表面に小さな傷をたくさん付けたり、光が当たる部分と影の部分を分けることで、傷が付いても目立たなくする作用があるようです。

●刻印がしやすい

結婚指輪を買ってから記念として、二人のイニシャルやプロポーズした日付などを彫り込む人もいますが、あまりたくさんの文字を彫れないので、簡単な文字配列になっていまいます。

ところが、自分で作る結婚指輪ならば、手書きで刻印を施すことが出来るので、文字だけではなく、似顔絵や簡単なイラストも刻むことができます。

また、結婚指輪の内側の広い部分に、漢字で書いたり平仮名を書いたりすることもできるので、他には無い独創性に優れた指輪を作ることができます。

●値段が安く作れる

ブランド物の結婚指輪は、店舗代や広告費用が上乗せされ、一流の職人が作ると素人では手が届かない値段になります。

しかし、自分で作る結婚指輪なら、工房を貸切で自分で作るので、プラチナの指輪で2つ合わせても10万円もしないという驚異の値段で作ることができます。